気になる!費用の相場は?

結婚相談所には3つの種類が

実は結婚相談所には3つもの種類があります。
同じように料金の相場も3つに大別されることになりますので、まずはどのような種類があるのかについて見ていきましょう。
結婚相談所で一番一般的といえる形式なのが、仲人・結婚相談型サービスという形式で、割りと昔からあるサービス形態です。
もう一つはデータマッチング型サービスで、業者のデータベースから条件に合う相手を探し、相談所側が相手に連絡、サポートを行うという内容となっています。
最後はインターネット型サービスで、仲介人を介さずに個人でインターネットを介したサービスを受けられるのが特徴です。
インターネット側の仕組みはデータマッチング型と構造上は同じであり、連絡などを自分で行うか、サポートしてもらうのかというのが大きな違いとなっています。

3つそれぞれの料金相場は?

業者によるところも大きいのですが、一般的に高額と言われているのが仲人・結婚相談型サービスだと言われています。
一番サポートが手厚いので、それだけにかかる料金も上がるというわけです。
2番めはデータマッチング型サービスで、その下にインターネット型サービスが並びます。
実は料金形態も大きく異なっていて、仲人・結婚相談型ですと入会費、月会費、成婚料の3つがかかるケースが多いのです。それらを大まかに合わせると25万~40万円といったところで、業者によっての幅が大きいことに注意が必要かもしれません。
データマッチング型、インターネット型では入会費がかからないケースが多く、代わりに年会費がかかるケースが多くなっています。
平均相場は10万~20万というところで、結婚相談所の中では一番費用の掛からないサービス形態です。